眼科手術

多焦点眼内レンズとは

まず、白内障手術を行う際に使用レンズには大きく2つに分けることができます。

1つ目は単焦点眼内レンズ。これは遠くのみ、または近くのみ…と
1つのポイントにのみ裸眼で焦点が合うレンズのことを言います。

2つ目は多焦点眼内レンズ。これは遠く+近く、遠く+中間…というように
裸眼で2焦点以上見ることのできるレンズのことを言います。

多焦点眼内レンズは白内障手術後に100%の方が眼鏡が不要になるというレンズではありません。
ご自身のライフスタイルにあわせて、見えるポイント(焦点)を増やして眼鏡の依存度をなるべく減らす、
かつ、質を高めるレンズです。医師や視能訓練士が一緒にご自身にピッタリな多焦点眼内レンズを選ぶ
お手伝いをさせていただきます。

先進医療と自由診療のちがいとは

多焦点眼内レンズを使う白内障手術は2つに分けることができます。

1つ目は先進医療で行うもの

これは厚生労働省が認めた医療機関のみが行うことができる白内障手術(当院は県内で初めに許可を得た施設)です。
保険診療で決められている医療の水準を超えた先進技術を受けられる手術のことを言います。
ご自身で加入している民間保険等で先進医療特約などが備わっている場合、当日の手術、
眼内レンズ代のみを実質まかなうことができ、経済的な負担を最小限にして先進医療の白内障を受けることができます。
もちろん、自己負担で受けることも可能です。

2つ目は自由診療で行うもの

これは完全自己負担で行う、まだ厚生労働省の認可の降りていない、
最新かつ最高基準の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術のことを言います。
当院で採用している『3重焦点眼内レンズ:FINE VISION』、
『EDOF(Extended Depth of Focus)眼内レンズ:MINIWELL』などがそれにあたります。
完全自己負担となりますが、可能な限り眼鏡をかけずに3焦点でしっかり見たい、
若いときの自然な見え方になるべく近づけたいという方は大きなメリットのあるレンズと言えます。

当院で扱っている多焦点眼内レンズの特徴をご説明いたします

MINIWELL READY(自由診療)

MINIWELL READY
MINIWELは最新の眼内レンズでEDOF(Extended Depth of Focus)眼内レンズという種類に入ります。これは焦点深度を拡張させることにより、遠方から中間距離まで連続的にクリアーに見ることができます。

従来のレンズより視力の落ち込みを最小限に抑え、明視域を広げて快適な見え方を得ることができます。もちろん、遠方、中間に比べると近方の見え方はやや劣りますが、それでも焦点深度を拡張した自然でクリアーな見え方は今までに類を見ない特別なレンズです。

また、レンズに独自の球面収差の原理を用いることにより、多焦点眼内レンズの最大のデメリットであったハロー・グレアの症状は全く出ないと言われています。しかも、コントラストの低下もほとんどなく、物の見え方、色の鮮やかさが際立って良好なレンズです。

今までは夜間ドライバーの方や片眼のみの白内障手術の方には、多焦点眼内レンズは適応しづらいケースもありましたが、MINIWELLはその欠点を払拭する次世代の画期的な多焦点眼内レンズと言っても過言ではありません。

FINE VISION(自由診療)

FINE VISION
FINE VISIONは遠方と近方、遠方と中間の2種類のレンズを組み合わせた特殊な構造を用いて遠く・中間・近くの3か所にピントが合う仕組みになっています。

従来のレンズとは異なり遠く、近くの視力を落とさず、中間距離にピントが合うことが最大の特徴です。

材質は親水性アクリルで、ブルーライトと紫外線をカットしており、レンズはアポダイズ回折型で非球面デザイン。この構造により、グレア・ハローの症状も軽減されています。

遠く・中間・近くの3点に焦点が合い、明視域も広いため、眼鏡を必要とする機会が最も少ない多焦点眼内レンズの1つと言えます。当院でも手術実績が多くかつ、術後成績がとても良好なレンズです。

LENTIS Mplus(自由診療)

LENTIS Mplus
LENTIS Mplusは遠方部分と近方部分に境目がなく、遠方視から近方視までがスムーズにつながっているレンズ構造です。

中間部の見え方やコントラストが良好で、光学的なロスを最小限に抑えられているため、グレア・ハローも軽減されています。

乱視のある方は乱視用の場合にのみ、完全オーダーメイド型の適応となり、0.01D刻みのご自身のみに合う世界に1枚しかないレンズを作ることができます。

また、他の多焦点眼内レンズでは対応できないような強度近視の方にも度数対応ができる希少なレンズと言えます。

SYMFONY(先進医療)

SYMFONY
SYMFONYは焦点深度拡張型という新しいタイプの多焦点眼内レンズです。

独自の回折技術により焦点深度を拡張し、遠方から中間まで広い明視域で自然な見え方を実現しました。

また、角膜の色収差をこの眼内レンズで補正することにより、見え方がシャープになり、コントラスト感度の低下を抑えます。

かつ、従来の多焦点眼内レンズよりもグレア・ハローの症状も軽減しているのが特徴です。

遠方、中間と比べると近方はやや物足りなさを感じることがありますので、近方を考慮したい場合は左右の度数にあえて差をつける方法があります。

一定の近距離に対しては対応が可能となり、ライフスタイルに合わせた選択をしていただくことができます。

TECNIS MULTIFOCAL(先進医療)

TECNIS MULTIFOCAL
TECNIS MALTIFOCALは、遠方部の他にもう一つ見える焦点を増やすことのできる多焦点眼内レンズです。

全部で3種類あり、近方を重視したい方の加入度数+4.00Dの焦点距離30cm用。
中間を重視したい方の加入度数+2.75Dの焦点距離50cm。
また、両者のあいだの距離となる+3.25Dの0cm用があります。

この3種類からご自身の生活に合った焦点距離を選ぶことが可能です。

グレア・ハロー等、最新レンズと比べるとレンズの機能をご理解いただいた上で選択する点が少なくはありませんが、焦点距離の選択ができるため、ライフスタイルにしっかり合ったレンズ選びができれば、とてもメリットの多いレンズと言えます。

アクリソフIQレストア(先進医療)

アクリソフIQレストア
アクリソフIQレストアは、アクリル製の回折型多焦点眼内レンズです。アポダイズ回折という光学デザインで、周辺ほど遠方に光量が分配されるレンズ構造です。

そのため、アクリソフIQレストア以前の多焦点眼内レンズと比較すると、グレア・ハローの症状が緩和されると言われています。

しかし、暗い場所だと瞳孔が大きくなり遠方部が優位になる分、近方の見え方がやや物足りなくなることがあります。

また、着色レンズのため、網膜保護効果があると言われています。

そもそも、多焦点眼内レンズは眼底疾患等ある場合はあまり使用されませんが、軽微の疾患かつ見え方の今後の変化を理解いただいた上であれば、このアクリソフIQレストアを使用するケースもあります。

以上が当院で扱っている多焦点眼内レンズになります。

お分かりのように各レンズに特徴があり、それぞれメリット・デメリットがあります。決して10~20代のときと同じ眼に戻るわけではないですが、それに近いもの、またはメリットをうまく活かすことにより、お若いときには裸眼では見えなかった焦点も得ることできます。

当院では白内障手術が決定して予約検査をする際、説明の時間を専用に設けてお話しをしています。

患者様がレンズの特性を十分ご理解の上で、メリットを感じる、自分にあった多焦点眼内レンズを是非、入れたいと患者様に思っていただいた場合にのみ、多焦点眼内レンズを選択いたします。

医師、または眼内レンズの専門知識を有した視能訓練士が丁寧にご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術治療費一覧表
お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040